映画レビュー65 [アクアマン]


映画レビュー第 65 回は [アクアマン] です。

今回は油断しちゃいました~ (汗)
公開 2 週間後に見に行ったところ、IMAX 3D での上映はありませんでした。
元々なかったのか、終わってしまったのかは分かりません。
仕方なく通常のスクリーンで見たのですが、特に違和感こそないものの、
「やっぱりIMAX の臨場感、スゲー!」と思いましたね……。

えっ、どうでもいい?
ではレビューに行きましょう!

※ 予告編以上のネタバレは、書かないよう考慮しています。


前作の [ジャスティス・リーグ] では、あまり表情を見せないキャラクターという印象。
さらには「地上戦で海の王が戦って大丈夫か?」 みたいな雰囲気もありましたが、
今作の舞台は海! だからもう大丈夫 (笑)
そんな、[ジャスティス・リーグ] 出演のひとりを主役に抜擢した作品です。

地上人は、海を汚すだけの存在。
そんな地上人たちに戦争を仕掛けるべく、海底人の王オーム (主人公アクアマンの弟) が立ち上がります。
この戦争を止められるのは、地上人と海底人のハーフであるアクアマンことアーサーしかいない!
と言うことで、アーサーが立ち上がります。
しかし、王として認めてもらうためには伝説のトライデントという槍が必要に……

いやいやこれって「マ○ティ・ソーじゃないかっ!」

と思いましたが、それは胸にしまっておきましょう。

弟が暴走しているんです。
伝説の槍が必要なんです。
だからがんばっているんです、はい。

それはさて置き、今作のアクアマンは地上でも水中でもめっぽう強い!
そして表情も豊かで親しみやすい!
[ジャスティス・リーグ] と比べ、魅力がグンと高まりました。
見てもらえれば、アクアマンを好きになること間違いなしです!

まぁ、同じ世界に最強のチート性能を持つスーパーマンもいますが、
それは知らなかったことにしておきましょう……。
 
 
★ 今回のポイント ★
・水中でのバトルアクションが最高!
・今作のアクアマンは表情が豊かで親しみやすい!
・でもちょっとマイ○ィ・ソー感がある (笑)

[アクアマン]
■ 監督: ジェームズ・ワン
■ 出演: ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン 2 世、パトリック・ウィルソン、ニコール・キッドマン
■ 配給: ワーナー・ブラザース

カテゴリー: 映画レビュー | 投稿日: | 投稿者:





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバック URL