クールビズへの願い

企業戦士を日本の暑い夏から救うために生まれたヒーロー、その名を「クールビズ」。
彼は 2005 年に現れた。

暑さに苦しむ企業戦士のジャケットを脱がせ、ネクタイも外させ、さらには長袖をバッサリ切り落とす。

そして彼は、「室温は28 度!」という捨て台詞を残して去っていく。

その様子から、私が子どものころに流行った名ゼリフ「ゲームは 1 日 1 時間!」を思い出してニヤリとしてしまう。
 (関係ないが、そんな高橋名人にもらった直筆サインは今でも宝物である)

ちなみに補足すると、エアコンの設定温度を 28 度にするのではなく、室温が 28 度になるように調整しよう、と彼は言っている。
なぜなら、エアコンを 28 度にすると、室温はたいてい 29~30 度になっているからである。
ここを間違えると大変なことになるので、赤線を引いてほしい。

しかしそのクールビズ、どうやら万人に好かれている訳でもないようだ。

続きを読む





[ゼルダ無双] の全メダルをゲット!

完全クリアをするために、ゼルダ無双 (Wii U 版) ばかりを毎日プレイすること約 1 年 (汗)
途中で何回も「この時間をほかのことに使った方が有意義じゃね?」と思いましたが、何とか最後までやり通すことができました。ヤッター!!
ホント、ここまでやり込んだゲームは初めてのような気がします。

▼ 完全クリアの証拠がコチラッ!! ▼
 アリガトウ マタネ
 
最初はこの「アリガトウ マタネ」メダルを取るつもりもなく、「アドベンチャーモードのボスをすべて倒したら終わり~♪」くらいに考えていました。しかし、いざその目標を達成すると「もうちょっといけるかな? 何だか気持ち悪いしな」みたいになって、ズルズルと目標が高くなり、攻略していくうちに完全クリアにまで至ってしまいました。
 (見事にゲーミフィケーションの罠にかかりましたよね……)

このゲームは 2 人協力プレイができるので、難しいステージは誰かに助けてもらいがちですが、私は縛りプレイすべてをソロプレイでクリアしてやりました! いわゆる「縛りプレイ」になりますが、ひとりでも完全クリアできる、ということを証明したかったので――。
途中、娘に「いっしょにやりたい!」と何度か言われましたが、断固拒否 (笑) ゴメンな……。

とにかく、発売から 3 年近く経つソフトなので、今そこまでプレイしている人なんていないかもしれませんが、少しでも助けになればと思い、苦労した点についての情報を残しておきます。
続きを読む

映画レビュー 51 [LOGAN / ローガン]

映画レビュー第 51 回は [LOGAN / ローガン] です。
 
X-MEN のウルヴァリンを主人公にしたスピンオフシリーズ 3 作目!
とうとうヒュー・ジャックマンの演じるウルヴァリンもラストのようです。(パトリック・スチュワートの演じるプロフェッサー X もラストです) もう、見ない理由がないですよね。

今回は珍しく 3D 撮影されていないようなので、IMAX (超巨大スクリーン) 2D で見てきました。正直、IMAX なら 2D でも思いっきり映画世界に入り込めるので、十分満足できます!
個人的には、MX4D (振動や水しぶきなどを搭載し、シーンに合わせて動く座席) よりも IMAX の方が生き残るかな? という意見になってきました。下手な小細工よりも、視界のほとんどがスクリーンになる方がスゴイです!
しかも、MX4D は不具合 (こちらを参照) も一度経験しましたし、以降もちょいちょい不具合の報告が出ているようなので、信用が……。

とその話はこれくらいにして、レビューに行きましょう!

※ 予告編以上のネタバレは、極力書かないよう考慮しています。


続きを読む

「ベゼリー」をキッカケに Raspberry Pi 始めます!

「ロボットプログラミング」や「IoT (アイオーティー / Internet of Things)」という言葉。
最近、ちょいちょい耳にするようになりましたよね。
分かりやすく言えば、前者はプログラミングでロボット (物) を動かすもの。(そのままやんけ)
後者は物がインターネットにつながること。ひとり暮らしの高齢者がポット (お湯) を使うと、離れた家族に通知が届く、というものが有名ですね。

とにかく、どちらもプログラミングしたソフトを画面上で動かしていただけの時代には考えられないことです!

なので、
「ぜひ入門してみたいなぁ~!」
と思っていながらも、
「何から手を付ければいいのか、サッパリ分からないよなぁ……」
なんて悩んでいました。
そんなときに、タイミングよく目の前に飛び込んできたものが、この [ベゼリー ロボット開発はじめてキット] でした!
こんなステキなものがあるなんて。
しかしご縁がなかったのか、買おうと思ったときには売り切れ orz
続きを読む

映画レビュー 50 [ドクター・ストレンジ]

映画レビュー第 50 回は [ドクター・ストレンジ] です。

コツコツと続けている間に、何と 50 回目になってしまいました。
この記事を書き始めてから 50 作も見た、ということになりますね (汗)
そう考えたら、けっこう映画を見てきたんだな~。

さて、今回はドクター・ストレンジ。
名前からしてもヒーローっぽくないですよね。なんか内容もジメジメしていそう。大丈夫なのかなぁ、なんて思ったりして……。
しかも、いつも楽しみにしている「3D MX4D 字幕版」がない!? (in なんば)
「3D MX4D 日本語吹替版」はあるのに、なんでやねん (泣) 需要の差か……。
そんなことを言っていても仕方ないので、仕方なく「3D IMAX 字幕版」で見に行ってきました。

あ、前置きが長くなっちゃうので、レビューに行きましょう (汗)

※ 予告編以上のネタバレは、極力書かないよう考慮しています。


続きを読む

映画レビュー 49 [スター・トレック BEYOND]

映画レビュー第 49 回は [スター・トレック BEYOND] です。

前に [シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ] を見たときの MX4D 不具合によりゲットした、TOHO シネマズのタダ券が有効期限ギリギリになっていたので、それを使って行ってきました。
 (ちょっと、いやかなり記事の公開が遅くなりましたけど……)

ちなみにスター・トレックシリーズを見るのは今回が初めて。
本気で “スタート・レック” かと思っていたくらいです……。(今思えば “レック” って何だよ!?)
また、”BEYOND” とは「彼方へ」という意味のようです。
こんな機会でもないと、なかなか見に行かないであろうジャンルだったので、ちょうどいい出会いでした。まぁ素人すぎて、シリーズ 3 作目だということさえ知らずに見てましたが…… (汗)

では、レビューに行きましょう。

※ 予告編以上のネタバレは、極力書かないよう考慮しています。


続きを読む

Windows 10 Pro で Sysprep を成功させる方法!

「Windows 10 で Sysprep しようとしたら、”Sysprep で Windows のインストールを検証できませんでした。” っていうエラーが出たんですケド (泣)」

Sysprep

「こんなことなら Win 10 なんて導入しなきゃよかった……。」
なんて後悔してしまいそうですが、まだ大丈夫!

私も同じような失敗をしてしまい、一時はパソコンを投げかけましたが (笑)、人柱の意地で何とか無事にできる方法を突き止めることができました (笑)
できるだけ簡単に、そして順を追ってもらえれば必ずできるようにまとめていますので、少し長いですが安心して読み進めてください。

続きを読む

映画レビュー 48 [X-MEN: アポカリプス]

映画レビュー第 48 回は [X-MEN: アポカリプス] です。

X-MEN シリーズも、ついに 9 作目。
1、2、3、……あれ? 8 作目じゃないの?
と思ったのですが、何と何と! 少し前に上映していた [デッドプール] が X-MEN シリーズだったなんて (汗) 知っていたら絶対 4DMX で見に行ったのに (泣)
そう言えば、CM でコロッサスが出ていたような気もするけど、もっと X-MEN シリーズであることをアピールしてほしかったなー。
 ( ノД`)シクシク…

さ、さて、それではレビューに行きましょう。

※ 予告編以上のネタバレは、極力書かないよう考慮しています。


続きを読む

同じ画角で [75mm F1.8] とズームレンズを撮り比べてみた

前回の記事で載せられなかった、神レンズ [M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8] で実際に撮った写真たちのご紹介です。今回は、ズームレンズと神レンズで撮り比べをしてみました。
「75mm って、わざわざ単焦点買わなくても、ズームレンズで撮りゃいいじゃん」と思っていたら、こんなに違った!! ( ゚Д゚) というストーリーです (笑)
なにぶん素人なので、細かいことは大目に見てください…… m(_ _)m

▼ まずは、ズームレンズ [40~150mm F4.0~5.6 R] で、75mm 付近に合わせて撮影。

焦点は写真中央右の茶色い鉄柱に合わせています。ISO-200 状態でのシャッタースピードは 1/200 秒でした。
正直、これだけ見たらかなりキレイな写真ですよね。特に不満は思い浮かびません。

続きを読む

神レンズ [75mm F1.8] を震えながらゲット!

去年 (2015 年) のちょうど今頃に [25mm F1.8] の単焦点レンズを買い、これまで 1 年間「ウェ~イ! ウェ~イ!」と喜んで撮っていました。ほぼこの [25mm F1.8] 1 択で。
 (そのときの記事はこちら)
それに加えて、ダブルズームキットに付属していた [14~42mm F3.5~5.6 II R] と [40~150mm F4.0~5.6 R] もあるので、「日常生活だと、これ以外のレンズは要らないよね」なんて思っていました。
だって、おおよそ 1~10 倍ズームの範囲をカバーできるし、ボケ写真も撮れますからね。「レンズ沼なんてハマらねぇよ♪」と。

しかぁ~しっ!! ( ゚Д゚)

先日、これらのレンズを持って、とある夜の野外コンサートに行ってきましたが、単焦点だとまぁ届かない (小さい)。望遠ズームだと距離は OK ですがボケが得られず、そして (フラッシュ禁止なので) とにかく暗い。
まぁスマホよりはきれいか……と思いながら撮っていたのですが、手持ちのレンズではどうにもならないシチュエーションに出会ってしまった瞬間でした。
なるほど、こうやってハマっていくのかな? と少し気づく……。あの頃は若かった。

そして、「こういうシチュエーションで使えそうなレンズって、あるのかなぁ~?」と思ってネットを調べてみたら、バッチリありました。やっぱりね (笑)
しかも神レンズと呼ばれている、[M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8] という単焦点レンズです。


続きを読む