映画レビュー 81 [X-MEN 2]


映画レビュー第 81 回は [X-MEN 2] です。

iTunes Store でシリーズ 9 作をセット買いしたので、どんどん見ていきますよー!
と言いながら、本当に見ていないのは 9 作中 5 作ですけど……。
シリーズ途中からでもだいたいのストーリーは理解できますが、やっぱり最初から見た方が背景が分かっていいですね。

それでは 2 作目、レビューに行ってみましょう!

※ ネタバレは極力書かないよう考慮しています。


前作、つまり初回作では、そもそも突然変異体であるミュータントとは何だ?
というところから始まり、どれくらい世間から嫌われているか、などが語られた。

だいたいのキャラクター個性や世界観を分からせてからの今作では、ウルヴァリンの記憶喪失問題やローグに触れられない問題などはもちろんあるが、(つるピカの) プロフェッサー X とマグニートーの二人がどれだけの力を持っているかを見せつけられた。

これまで、X-MEN はアベンジャーズのようにド派手に暴れ回るイメージでしたが、完全に間違えていましたね。
どちらかと言えば、頭脳戦。

鋭い爪やビームで暴れ回るのがメインではなく、
自分や周囲の能力を組み合わせて、いかに大きな力を生み出すか?

思ったほどアクションシーンがないとは薄々感じていましたが、なるほどそういうことか。
今作で X-MEN の見る目が一気に変わりました。
 (昔の某格闘ゲームでは、ウルヴァリンやサイクロップスが大活躍でしたけど)

ミュータントを滅ぼそうとする人類、そして人類を滅ぼそうとするミュータント。
この先どういう展開が待っているか? 今作を見て、とても楽しみになりました!

……そう言えば、まだ「X-MEN」という言葉が一度も出てきていないような? 見落としたっけ?

★ 今回のポイント ★
・ミュータントが増えて、賑やかになってきた!
・滅ぼすか、滅ぼされるか? というスケールの大きな頭脳戦
・前回の宿敵マグニートーと協力?

[X-MEN 2]
■ 監督: ブライアン・シンガー
■ 出演: ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、アラン・カミング、ファムケ・ヤンセン、ブライアン・コックス、ほか
■ 配給: 20 世紀フォックス

☆ 関連記事 ☆
映画レビュー 80 [X-MEN]
映画レビュー 25 [ウルヴァリン: SAMURAI]
映画レビュー 33 [X-MEN: フューチャー & パスト]
映画レビュー 48 [X-MEN: アポカリプス]
映画レビュー 51 [LOGAN / ローガン]
映画レビュー 64 [デッドプール]

カテゴリー: ブログ | 投稿日: | 投稿者:





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバック URL